納得できる太陽光発電設置をナビします

パネルの選び方

パネル選び方

 太陽光発電パネルメーカーも多くなってそれぞれに特徴のある製品を販売しています。選択幅が多くなっていいのですが、逆にどれを選んだらいいのか、選択が難しくなっています。

何が難しいかと言うと、ソーラーパネル自体に馴染みがほとんどない。作られるものが、電気という目に見えないもの。何が良いのかは、カタログデータとシステム価格の比較に頼るためだと思います。

ソーラーパネル選択のポイント

結論から言うと、これを満足するシステムです。
 『如何に早く元を取り、その後の利益を大きくするか』

 

早く元をとるためには、 

  1. 初期投資を小さくする
  2. 変換効率が高いパネルで、発電量を大きくする

安いシステムを選択するか、高くても発電料の大きいシステムを選択するかで、選んでいきたいと思います。


 

回収完了後、収入を大きくするためには

発電量を大きくする

この観点で、ソーラーパネル種類、メーカーを決定していく必要があります。(安くて発電量が大きければいいのですが、そんなに都合のいいものはありません。)下記のメーカーから選べば納得できるシステムが選べるはずです。



初期投資の小さいソーラーパネル

  1. ソーラーフロンティアCIS 高温、部分的な影、朝夕に強い。
  2. シャープの多結晶タイプ 比較的、高効率(16.9%)で低価格。

効率の高いソーラーパネル

  1. 東芝の単結晶バックコンタクト方式 19.3%で変換効率世界最高。
  2. Panasonicの単結晶ハイブリッド型 夏の高温でも効率(18.2%)低下なし。

  

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional