納得できる太陽光発電設置をナビします

単結晶ハイブリッド型

単結晶ハイブリッド型

 Panasonicで作られる単結晶ハイブリッド型のソーラーパネルは、高い変換効率です。

特徴

高温でもしっかり発電

通常のシリコン製のパネルのように高温でも変換効率が低下しません。


高い変換効率

太陽光発電は、太陽光がソーラーパネル内の電子を動かして電流を生み出すしくみです。単結晶ハイブリッド型は、単結晶シリコンの内側に「アモルファスシリコン」を採用した2重構造になる「ハイブリッド構造」にすることで、電子のスムーズな動きと発電ロス低減を一挙に実現。発電量トップクラスを達成しました。


高出力

表面をピラミッド構造にして太陽光の反射を外部に反射するのではなく内部に反射させ光を吸収する、さらに低反射ガラスの採用で目前の光を跳ね返すことなく、より多くの太陽光を太陽電池内に取り込み、出力を向上させ高出力を達成しています。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional