納得できる太陽光発電設置をナビします

夏発電量少なくなる

夏 発電量少なくなるの?

太陽光パネルは、熱くなると効率が低下する

単結晶シリコン、多結晶シリコンのパネルは、効率低下します。

 一年で一番発電して欲しい夏場に発電効率が低下します。
これは、シリコンタイプの短所の一つです。温度が上がると発電効率が低下します。概ね 1℃で0.4~0.5%低下します。

効率が下がりますが、日射量、日商時間が長いことで発電量は、増えます。年間で一番発電量が多くなるのは、5月頃です。

パネルが熱くならないようにする

でも、パネルが熱くならないようにと、日陰に設置してはダメですよ。基本は、日射量ですから。

パネルが、熱くならないような工夫としてパネル底面に風通しを良くすること。屋根に直接設置するのでなく、架台をおいて屋根との間に風通しを作ることで効率低下を和らげることができます。

熱くなっても効率低下しないパネル

アモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド パネルと
CISは、熱による効率低下は、少ないことがわかっています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional